加齢で減少


人間の体の中での働きを見てみると、ヒアルロン酸は年齢とともに減少していくことがわかっています。加齢による現象ですが、人間が逆らえない部分です。ヒアルロン酸は、体内で合成と分解を繰り返していきますが、この能力が衰えてしまうところが問題です人間の体の中で、ヒアルロン酸が皮膚に50%も集中している以上、加齢によって減少してしまえば、肌の保湿機能は下がってしまいます実際の減少率は20歳の時に比べると、60歳時で1/2にまで減少するといわれ、80歳になると1/6まで落ちてしまうことが研究でわかってきました。どうしても乾燥肌になりやすいのは当然であり、どこかで補給できる体制を作っていかなければいけないでしょう。

サプリメントサプリメントで補給するのもひとつの方法です。乾燥肌や肌荒れに対して、状態を改善する可能性が高いこともわかってきています。自分の体の中で作り出していけなくなっていくことを考えれば、サプリは有効な手段となってくるでしょう。肌の乾燥は、さまざまな悩みになってしまう場合があるでしょう。自分の肌が乾燥してくるのは精神的にも気になってしまうのですから、改善を考えて摂取してみるのも解決手段となるはずです。

【参考サイト】ヒアルロン酸サプリ:お肌の駆けコミ寺

低分子化したものを