低分子化したものを


エステヒアルロン酸は、乾燥肌には最適であることは間違いありません。その存在場所は、肌の内部である真皮にあります。表皮にある角質層にも守られている部分といえるでしょう。ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンといった物質とともに真皮を構成していますが、ヒアルロン酸が水分を保湿していることによって肌の潤いを維持しています。コラーゲンやエラスチンは、網目状に形成していますが、これをヒアルロン酸がつないでいる状態です。ヒアルロン酸が失われ、水分も消失していくと、つないでいる役割が弱くなり、肌は張りを失います。実際にヒアルロン酸は1gあると6リットルもの水分を保持すると考えられているのですから、その効果の大きさがわかるでしょう。逆に乾燥肌になり少しでも失われていけば、肌の張りはどんどんと失われていくことになります。

ヒアルロン酸は、どうしても吸収の悪い構造をしています。分解されてしまうことも問題ではありますが、分子構造が大きいことで吸収できない効率の悪さでも知られているため、サプリでは、低分子化されているものを利用することも重要です。さらに、ビタミン類やセラミドも一緒に摂取できれば、吸収を高めてくれるようになるでしょう。